萌え体験談

『正直入っているだけ』旦那の粗チンとは比べ物にならない巨根に寝取られる人妻
「正直入っているだけ」旦那の粗チンとは比べ物にならない巨根に寝取られる人妻初めて投稿します。妻の性の変貌をお話します。私夫38歳、妻35歳、子供一人。妻とのSEXは月に1、2回程度です。私の竿は一般男性に比較できない程短く、小学生位の長さです。平常時で3?4cm、勃起時でも7?8cm程度と短く、細く太さも約
『私の中でイッテぇぇ』朝まで中出し3回戦
出会い系でも「マジメな婚活」を掲げている婚活相手募集掲示板を最近は利用しています。そこに投稿して放置しておき、週に2回くらい更新(重要)しておくと女性の目に留まりますからアクセス数も増えます。日本全国ありとあらゆるところからアクセスがありますよ。今回は私が北海道なのに九州は福岡からの交際希望者の話です。メールでの申し込みがあって、毎日普通にメールをしていましたら写メが見たいと言ってきました。
『今日,一日ノーパンで過ごすから許して!』
実は後日談があったりする。今まで人妻の話とかたくさん書いてきたけど、ほぼフィクションであって自分の経験や体験談を書くことは滅多になかった。なんの気まぐれか、初めて書いた本当の体験談だったのだが、これにはいつもの様な大量イクナイが投下されなくて、なんとも言えない甘酸っぱい気持ちだ。そんな訳で、気を良くしたので、少し恥ずかしいけれど、
『今までの人と全然ちがう,おっきい,あぁ,』セフレの友達のユイ(彼氏持ち)をXLサイズの巨根でマジイキさせる
少し前にかなりいい体験をしたので書いてみたいと思います。簡単に俺のスペックから。。トオルっていいます。大学4年生で正直言って遊びまくってます(笑)特に4年生になってからは授業もほとんどなかったので女遊びばっかりしてましたw合コンで出会って、そのままお持ち帰りってパターンが多いです。4年になってから20人は食ったかなw女子大生とOLが多かったですwあとは看
『君の方が大きくて,ぶっとくて…素敵』ラグビー部の先輩の彼女を巨根で寝取る
ラグビー部の自分の自慢と言えば、プロレスラー並の肉体と無尽蔵の体力、そして人より二回り以上も太くて長い猛々しいデカチンです。特にカリは大きく張っていて、自分でオナホールを使ってオナニーを始めると、大抵のオナホールが数回使用しただけで破壊され使い物にならなくなってしまう有り様。何人かの女性と付き合いましたが、若いせいかテクニック不足もあり、経験が浅い子には挿入時に痛いと言われる事が多く、正直セックスするならある程度遊んでいる大人の女が良いと思っていま
『君の方が大きくて,ぶっとくて…素敵』ラグビー部の先輩の彼女を巨根で寝取る
ラグビー部の自分の自慢と言えば、プロレスラー並の肉体と無尽蔵の体力、そして人より二回り以上も太くて長い猛々しいデカチンです。特にカリは大きく張っていて、自分でオナホールを使ってオナニーを始めると、大抵のオナホールが数回使用しただけで破壊され使い物にならなくなってしまう有り様。何人かの女性と付き合いましたが、若いせいかテクニック不足もあり、経験が浅い子には挿入時に痛いと言われる事が多く、正直セックスするならある程度遊んでいる大人の女が良いと思っていま
『狂うかと思った・・・』隣に住む夫婦とスワッピング 20センチ巨根で隣の奥さんをイカせまくる
俺は28歳のサラリーマンで、大学の頃から付き合っていた真美と2年前に結婚した。ついこの間、双方の親から多少の援助もあって小さいながらも戸建ての家を買った。真美は26歳でちょっと人見知りなところが可愛らしい、黒いロングヘアーが似合う清楚な感じの嫁だ。芸能人で言えば、宮崎あおいが近いかもしれない。仕事はそれなりに忙しいが、まだ子供もいない事もあって二人で楽しく過ごしていた。
『わたしも,おっきいの欲しい…』巨乳の後輩女子に誘惑され大切な彼女と別れた
「これからトオルさんの家行ってもいいですかー?」電話口から聞こえたエリカの一言が、全ての始まりだった。深夜1時近く、そろそろ寝ようかなと思っていた時、携帯が鳴った。見ると、エリカだった。エリカは、大学のサークルの1年下の後輩。普段、エリカと普通に会話する事はあったけど、電話が来る事は初めてだった。しかもこんな時間に、何だろうと思って電話にでると、
『ユウジのめっちゃ堅くておっきい!』ヤリマン巨乳の女子高生2人とHした
「ユウジのめっちゃ堅くておっきい!」ヤリマン巨乳の女子高生2人とエッチしたあれは高校二年の秋頃のことでした。俺にはアキラという親友がいて、保育園の頃からずっと一緒で隠し事も一切ない関係でした。アキラはそこそこなイケメンで、会話も上手で男女関係なく友達が多いです。僕(ユウジ)も顔は中の上だと思いますが、人見知りで奥手な性格です。休日はほぼ一緒に遊んでおり、その日もアキラの家でぐだ
『もっと激しくして.おまんこの奥まで頂戴』と叫ぶエ□可愛い人妻
俺は援交のプロ。ターゲットとは人妻熟女で、ピュア恋妻で知り合った37歳の奈央さんとの性交談体験を投稿します。この人妻とは会うつもりはまったくりませんでした。最初の返りから反応が悪く、向こうもまったく素振りを見せなかったからです。奈央さんは何気ない日常の出来事やちょっとした相談なんかを送ってきていて、僕は正直、あまり真剣に返信してい
『ホントにヒロの倍ぐらい太い気がする』彼女がバイト先のデカチン店長と浮気していた
「ホントにヒロの倍ぐらい太い気がする」彼女がバイト先のデカチン店長と浮気していたかなりタイムリー・・・昨日から同棲してる彼女が実家帰ってて、手帳忘れて行ってたしなんとなくみたら浮気しまくってる・・・なんかこんなん日記に書くなよ、って感じ・・生々しすぎるし・・彼女の手帳(のなかの日記)見て興奮してる自分も情け
『ダメ?大きすぎる』息子のサークルの合宿で妻は巨根の学生達にまわされて
「ダメ?大きすぎる」息子のサークルの合宿で妻は巨根の学生達にまわされて今、我が家は家庭崩壊の危機です。事の発端は、私が息子のパソコンを借りた事にあります。ネットで調べ物をしている時でした。”ガ・ガガ?”と言う嫌な音と共にパソコンが固まったんです。立ち上げ直しを行っても復帰する事は無く遂に壊れたかと思っていました。その日、息子と妻は、息子のサークル(柔道部
『その大きさ…怖い』隠れ巨乳の新人OLと飲みにいったら告白された
社会人三年目の時。当時、100人くらいの規模の会社で(今もあまりかわらないが)、新入社員として入ってきた正美(仮名)が、俺と同じ部署に入ることになった。自分にとっては初めての直接の部下となった。大企業とかではないので、毎年の新入社員は、5、6名程度。その年は、男が4名で、女が2名。当時の俺の部署は、営業で、ただ、営業といっても、俺の仕事は営業デスクという
『すっご,太くない?しかもズルムケ?w』渋谷でナンパした看護師の子をデカチンで即ハメした
深夜の渋谷でナンパした病院勤務の看護師の女の子と飲みにいって、その日のうちにエッチしちゃった話ですw俺の名前はテツ、27歳でイケメンではないけど高身長。そんなにモテるわけではないけれど、ちょこちょこナンパでいい思いしてますw夏のある日、俺は渋谷でナンパしてました。夜8時ぐらいから始めたものの、最初はあまりうまくいかず、番ゲはできても連れ出しはゼロでした。
『すごい・・!マサルくんのチンチン凄いよぉぉぉ!!!!』巨根のマサルに巨乳の彼女を寝取らせた
「すごい・・!マサルくんのチンチン凄いよぉぉぉ!!!!」巨根のマサルに巨乳の彼女を寝取らせたお盆休みの終盤、俺とまみは俺の部屋でマッタリと過ごしていた。夕方くらいに3年ぶりくらいにマサルから電話があった。東京から地元に戻ってきて、今実家にいるから、遊ばないか?との事。俺はゆみも連れてマサルと三人で居酒屋に行く事にした。待ち合わせの
『こっちのがおっきいです…』巨根でセフレの姉(彼氏持ち)を寝取った
「こっちのがおっきいです…」巨根でセフレの姉(彼氏持ち)を寝取ったこれはセフレと実際に合った過去の体験談です。このセフレは名前をとりあえず「優子」にしておきます。優子とは、以前の彼女でしたが、一度別れて、数年後に再開し、お互いに彼女彼氏がいたのでセフレの関係になったのがきっかけでした。優子は当時27才、どちらかと言うと「ヤリマン」の部類に入ります。&lt
『おっきいの好きぃ,すごい,もう何も考えられない!』温泉旅行で出会ったオヤジの巨根に興味津々の彼女 結局デカチンにイカされまくる
これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。オレは鉄鋼所に勤めてる28歳でオレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。名前は仮名ですが「かおり」としておきます。うちの会社の事務員は色気のないおばさんと普通の主婦だが、パソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど、そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり新卒採用できたのがかおりだった。
『いや,ダメ,イッたのに,激しくダメ,ああああん,すごい,おっきい』デカチン挿入したら寝たふりしながらイキまくってる友人の彼女
これは僕が昔に体験したお話です。その前に僕の紹介をさせてもらいますが、僕はルックスがメガネデブなので初対面の女の人からは嫌煙されがちなタイプの男です。趣味も盗撮やスカトロ物が好きで、自分でも変態だと思います。昔から機械系の物が大好きで、いわゆる「秋葉系」の男と思って下さい。でも、大学生時代に悪い友達に利用されながら、風俗のイベントを一緒にやっていたので、
『いいよ?(めちゃあっさり)』
壮絶かどうかは解らないけど、私の体験談。3つ年上のお友達の家に初めてお泊りに行った日の事。その人の家で私が料理を作り、買ったお酒を飲みながら洋画を観てた。お互い酒が入ると甘え癖がある二人で、その人は旦那の愚痴を、私は彼氏の愚痴を言ったりしながら楽しくやってた。で、なんか洋画がラブシーンになって(笑)そしたら
『あああ,イイ,いいのぉお,妊娠させてぇええ,イク,優もイクうううう』憧れだった優子(巨乳)が薬でおかしくなりヤリチンの巨根に狂う
今から10年以上も前ですが、大学生の頃の話。僕は20才、彼女もいなくて童貞でした。でも好きな女の人はいました。その人は同じ年でA○Bの大島さんに似ていたので「優子」とします。優子は別の大学に高校時代からの彼氏がいました。僕も彼氏を見たことがありますがかなりイケメンでした。優子は派手ではないけれど、清楚で清潔
『あ,今が青春なんだな…』って思った瞬間
高校時代、イケてない俺が部活でグラウンドをランニングしてたら同じクラスの静かで可愛い子が「ファイト!」って言ってくれたとき10年近く前だけど今でも思い出すと胸が苦しくなる学園祭の前日にみんなで遅くまで残って準備したとき部活の関東大会決勝前にみんなで円陣組んだ時。高校時代、イケてない俺が部活でグラウンドをランニングしてたら同じクラス
?悦子との不倫?
SEとしてまだ駆け出しの頃、配属された客先で悦子と出会った。その客先は世界有数の大手企業で、やはり大手らしく、女性の社員や派遣社員が多かった。正社員はいかにもコネで入った感じの実家が資産家らしい、お嬢様、ただし美貌には不自由な人ばかりだった。その反面、女性派遣社員は粒ぞろいで、並以下のルックスの人など皆無だった。その中で俺は悦子という女性に惹かれた。&l
?亜美との出会い?
大学のバイト時代の話をしよう。当時バイトしていたのは、湯島のダイニングバーで名前を「星座」と言った。2フロアあって、2階フロアはグランドピアノのあるオープンでゴージャスな感じ、一方3階は、黒い壁と黒い天井、そしてテーブルとテーブルを区切る厚くてダークなビロードのカーテン。そして天井にはミニランプで疑似プラネタリウムをモチーフにしていた。
(エヴァ)碇ユイと真希波マリとのレズ話
*物語はフィクションです。ユイとマリは同じ大学の研究室生だが、マリは2つ飛び級で大学に入学していて16歳。研究室で逃げ出した実験用マウスを追いかける碇ユイと真希波マリ。マリの髪の毛がクシャクシャに。マリはユイのことを密かに想っていてユイの眼鏡をコッソリ盗んでいた。
 怖いくらい,女の子が好きな私たちです.
私には未婚の母と双子の姉がいます。母は18歳で二つ年下の高校生と付き合っていて、その年に私たち双子の女の子を宿し、私たちは生まれました。母はその彼と一緒になることをせず、彼(私たちの父)の前からいなくなったと、小さな時から口癖のように言っていました。 若かった母は、水商売で得たお金で私たち姉妹を育ててくれました。今も思い出すのは、小さなアパートに男の人を呼んで隠れるようにして、
旦那の目の前でウェディングドレス姿の嫁さんに種付けしてあげた
20年の別荘暮らしが始まったから、暇つぶしにまた書いてみた。この前書いたみたいに、彼氏の目の前でムリ打ちして、今までにない興奮を知った俺は、完全に狙いが変わった。彼氏の目の前で犯す快感は、支配欲とか征服欲(一緒か?)が満たされた。アレから2回、彼氏付きの女を彼氏の目の前でムリ打ちしたけど、やっぱり最高だった。だけど、刺激には慣れる
婚約者を御曹司に肉体改造された
僕は背も低く、男なのに女顔をしているので、昔からよくイジメのターゲットになっていた。と言っても、殴られたりといった暴力的なヤツではなく、性的なイジメの対象になることが多かった。中学時代は、ヤンキーみたいな奴らのボス的なヤツに、目を付けられるというか気に入られてしまって、無理矢理口でさせられたり、逆に口でされたりした。ホモじゃない僕は、ただただ気持ち悪くて吐きそうな日々だったけど、他の奴らからは一切イジメを受けなくなったので、
嫁が俺の会社の先輩に,デートの練習をした完
嫁のまさみとは、結婚して8年近く経つ。でも、出会ったのはずっと昔だ。まさみが中学受験をするときの家庭教師だった俺は、まさみが小学6年生の時から、ずっと彼女を見ているということになる。その頃から飛び抜けて美少女だったまさみ。彼女に対して恋心を持ちながらも、立場上それを胸に秘めていた。でも、まさみも俺に恋心を持ってくれていて、彼女が?2の時から交際を始めた。
『君の方が大きくて,ぶっとくて…素敵』ラグビー部の先輩の彼女を巨根で寝取る
ラグビー部の自分の自慢と言えば、プロレスラー並の肉体と無尽蔵の体力、そして人より二回り以上も太くて長い猛々しいデカチンです。特にカリは大きく張っていて、自分でオナホールを使ってオナニーを始めると、大抵のオナホールが数回使用しただけで破壊され使い物にならなくなってしまう有り様。何人かの女性と付き合いましたが、若いせいかテクニック不足もあり、経験が浅い子には挿入時に痛いと言われる事が多く、正直セックスするならある程度遊んでいる大人の女が良いと思っていま
セックスレスの人妻はこうなるw
私は33才の専業主婦ですが、主人の度重なる浮気が原因ですでに1年以上セックスレスの状態が続いています。そんな主人の浮気は相変わらず続いていました。私自身3食昼寝付きの楽な生活に慣れてしまい、すでに生活力がなくなってしまていましたので離婚する勇気もなく家庭内別居が続いていました。そんな時に寂しさも手伝って始めた出会い系サイトで24才のマモルくんと知り合いま
幼なじみのナツミに射精見せたら
初めての射精のときの話。いわゆる精通は小5のとき。よく覚えてるよ。当時俺は、なぜか女子とばかり遊ぶような子供だった。1人っ子だし、男同士のちんちん情報にも疎かったな。ちんちんは、触ったりすると膨らんで固くなる、ってくらいのことしか知らなかった。子供の頃までの俺の写真を見ると、今の川島海荷に似てる。性格も女性
二人の新人OL,爆乳系マリエとモデル系ユリカとの4P
裕也とユリカは最寄り駅の近くのカフェでまったり休日の午後を楽しんでいた。俺はマリエと一緒に部屋を出たあと、一人で二人が待つカフェへと向かった。あくまで二人が一緒に居たことはユリカには内緒、もちろん裕也はそのこと知っている。打ち合わせするまでもなく二人の意志は通通だ。「なになにー、日曜日にデートしちゃうくらいいつの間に仲良くなったの?」俺は努めて脳天気にまったりとカフェデートを楽しむ二人に声をかけた。金
二番でも良いと言って結婚した嫁と
嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。麻衣は、同
最悪な交渉 4
すっかり陽が暮れて夜になってしまいました。空にはすでに無数の星が輝いています。いつもならこの星を眺めがら家にでも帰るのですが今日は昨日の分の仕事がまだ残っていたため帰ることができません。他の従業員も私と一緒に身を粉にして働いてくれています。しかし正直、今この瞬間も友里が押尾に抱かれているのかと想像すると仕事に身が入りません。結局、
最悪な交渉 3
朝がやってきました。嫁がいなくなって初めての朝です。昨日の出来事を思い出すと、まだ頭の痛みが止まりません。さらに今、隣室で嫁が押尾のために朝ごはんを作っているかも知れないなどと考えると、また吐き気がしてきました。しかし弱音を吐いてはいられません。今、私の嫁は私
最悪な交渉 2
結局、私はいてもたってもいられなくなり、仕事を早めに切り上げて我が家に急ぎました。友里が家にいることを信じて、ひたすら我を忘れて走りましたやっとのことでなんとか夕方頃には家まで戻ってくることができましたがいざ自分の家のドアの前に立つとこ
最悪な交渉
私は大学を出て一攫千金を狙い、従業員数名の小さなベンチャー企業を設立しました。今年で26歳となり、つい昨年、高校から付き合っていた彼女ともめでたくゴールイン致しました。そして会社の方も軌道に乗りかかり、公私共に、順調な生活を送っているつもりでした。しかし、今年の初め頃に会社で大きなミスが起こってしまい&lt
中出しOKな豊満系爆乳OLマリエと真っ昼間のリビングで
前回 俺が下半身丸出しで座るソファーの前で下着姿になったマリエ。その爆乳を包むのは白いレースのブラ、そして同じく白のレースのパンツ、肉感的だけど透き通るように色白で青く血管が走るのが見えるきれいな肌に、白のレースはとてもマッチした。金曜日は着衣でのセックスだったので、身体のラインをしっかり見るのはこれが初めてだ。全体的に水樹たまを思わせるぷにぷに系だけどやっぱりその胸の重量感は圧巻だ。正常位で突かれ全身を激しく震わせて感じる
平日休みで人妻抱きたい奴来い
出会い系で知り合った人妻の尚美。41歳で、かなり頻繁にメールをくれました。ちょっとエッチな話題も平気な感じだったので期待大でした。2週間くらいメールし、彼女は平日の昼間がいいという話をしてきていたから、代休のタイミングを見て彼女を誘いました。しかし、「ひと回り
出会い系でやって来た彼氏ありの処女天使
45歳になっても結婚も出来ず、恋人すらいない私。会社では、お情けで課長補佐という役職をもらってはいるけど、皆が私を無能だと思っているのを感じる毎日。この歳で年収500万円行かず、人生詰みな感じだけど、そんな私にも一つだけ特技というか、優れた部分がある。チンポがやたらと高性能だと言うことだ。大きくて、反り方もカリの張り出し方も、すべてが完璧と言われる。と言っても、顔もブサで、髪も
Yちゃんと真夜中の密会
先週の土曜日、お得意先と現場の下見で帰りが遅くなってしまった。途中で中3の奥様に携帯でご連絡 僕:あのさ・・・(状況説明)・・・なんで遅くなるよ。 K:そう・・・ご飯いらないの? 僕:この調子だと12時まわりそうだからさ、何か食べて帰るよ。先に寝てても   いいから。 K:うん、なるべく早く帰ってきてね。&
奥手の嫁と友人夫婦で,少しだけ刺激的な経験をした14
嫁のユキと、ケイスケさん夫妻との衝撃的な3Pを見せつけられて以来、ケイスケさん達との少しだけ刺激的な経験は、かなり過激でただれた経験に変わっていきました。僕もケイスケさんも、基本の部分は寝取られるのを好む側だったので、4人で集まり、3人がプレイをするのを1人が見ているという基本スタイルが確立しました。僕が見ている時は、ユキとケイスケさん夫妻がプレイをして、ケイスケさんが見ている時は、僕とユキとマコさんでプレイをするという感じ
伊藤ちゃん
5年前、自分の職場に他部署から8つ下の女性が異動してきて、机を並べて仕事することになった。黙っているとかわいい、でも常にハイテンションで風変わりな感じ。周りから浮くタイプだった。異動してからしばらくは仕事が忙しかったせいもあって女性のことは特別視していなかった。ここで人物紹介すると女性=当時26歳。顔がお笑いの北陽の伊藤ちゃんにそっくり。今後「伊藤ちゃん」とする。
年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた4
偶然に知り合った、嫁の元カレの前田さん。彼から色々と嫁との過去を聞くうちに、僕は変な感覚にとらわれました。嫉妬や羨望よりも、興奮が強くなる僕……。迷った末に、僕は二人を再開させることにしました。色々とありましたが、結局二人は昔の気持ちに戻ってしまったようでした。僕は、美月のために身を引こうとさえ思ってしまいました。でも、最後の最後で美月は、僕のことを”一番大切な人”と言ってくれました。
妊娠8か月の人妻とH
出会い系を長くやってきて、何人もの人妻を食ってきたが昨日、初めて、妊婦をゲットすることができた。7月に出産予定の、まさに腹ボテ女。24歳の若妻だ。てゆーか、自分にもびっくりだ。自分の嫁さんが妊娠したときは、とても性の対象には見れなかったが、
良く効く媚薬アナルファック
事務系の仕事をしている関係上よく事務所でパート(40歳)の真由美さんと二人っきりになることがあります。真由美さんが会社に勤めだしてから3年になりますが、1年ぐらい前から犯したいと思っていた。よくお尻を触ったりはしていたが、なかなかデートにも誘えず、ましてや無理やりなんては出来るもんじ
ジュニアアイドルみたいな水着の奧さんにプールで中出し
大学も夏休みで、暇を持てあましてたら、姉貴に子供達をレジャープールに連れてってくれと頼まれた。甥は小学4年生と6年生で、つきっきりで見てなくてもいいので、それほど面倒ではないし、もともと暇だったので行くことにした。姉貴の車を借りて、久々の運転なので超安全運転で、ドキドキしながら出発した。車の中で、早くも甥達は大騒ぎで、先が思いやられた、、、だが、俺はこの甥達を嫌いではない。&l
レイナ4
体育祭から二週間もすると彼女の脚は順調に回復したようだ。腫れも引いたみたいで、自転車通学を再開した。文化祭の後、すぐに中間テストが始まった。それが終わると、十月も既に半ばで数日後に学年旅行を控えていた。俺達の通う学校は全ての学年に泊りがけの旅行がある。受験がある為、三年生の修学旅行だけは春先に予定されている
レイナ2
俺の家は、そこから自転車で五分もかからない。本当に近所だ。自転車を置いて玄関に入ると彼女は俺を招き入れてリビングで飲み物を出してくれた。その日は三十分くらいで帰ってしまったけど、それがきっかけで時々一緒に帰るようになったり彼女の家に上がって短い時間だけど話すようになった。そんな日々が続いて夏休み前の期末テス
レイナ1
少し前で俺が高校生の頃の話。小学校の時に親の仕事の都合で引越しをした。他県への引越しなので転校しなければならず、その時は、ただ寂しいだけの気持ちでいっぱいだったけど、中学を卒業する頃には、また元に住んでいた方へ戻れる事になった。親は昔馴染んだ場所に戻れる事と、もう転勤がない事を喜んでいたけど、